• 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
  • 歯と歯並びの基礎知識
  • 歯と歯並びの役割
  • 悪い歯並びとは?
  • 八重歯、叢生、乱杭歯、凸凹
  • 出っ歯、上顎前突
  • 受け口、下顎前突
  • 開咬(かいこう)
  • すきっ歯、空隙歯列
  • 矯正について知ろう!
  • 歯列矯正とは?
  • 方法と目的
  • 始める時期
  • 矯正治療の流れ
  • あなたに最適な治療法は?
  • 矯正治療の種類
  • 一般的な矯正法
  • 見えない矯正法
  • その他の矯正法
モバイルサイトQRコード
矯正歯科のすべてモバイルサイト

矯正歯科Q&A

2006年02月09日
私は、小学校6年生から、中学校1年生の終わりまで、一般歯科(看板には矯正歯科と書いてありますが、矯正歯科専門開業医ではありません)で歯列矯正をしてきました。

私は 、小学校6年生から 、中学校1年生の終わりまで 、一般歯科(看板には矯正歯科と書いてありますが 、矯正歯科専門開業 医ではありません )で歯列矯正をしてきました 。私が矯正した理由は 、歯を噛んだ時に隙間があいてうまく噛み合わなかったからです 。しかし 、中学校2年生の始めから 、海外に行くことになり 、そのことを話すと 、透明なゴムのマウスピースのような装置を作り 、矯正は中途半端な状態でやめることになってしまいました 。今でも 、歯を噛んだ時 、少し隙間があいてしまいます 。この装置は 、歯の中央の線(正中 )を合わせるためのようでした 。海外に行ってからしばらくして 、この装置は破れて 、壊れてしまい 、顎がガクガクして痛みを感じるようになったので 、一度海外の歯 医者(矯正専門 )に行きました 。診断の結果 、左右の顎の関節の長さが違うと言われ 、骨を切らないと直せないと言われました 。しかし 、日本に帰国する間近でしたので 、再矯正はできませんでした 。日本に帰国して 、まだ顎がガクガクすることがあるので 、最近 、最初に行った歯 医者に行きました 。レントゲンからみて左右の顎の関節の長さが違うと言われましたが 、診断の結果 、顎を動かす訓練をして 、装置を作って直していくと言われました 。左右の顎の関節の長さが違っても 、手術なしで直すことができるのでしょうか?次回装置を作るといわれましたが 、とても不安です 。
現在の状態は顎偏位があり 、顎関節の症状もよくないということですね 。顎関節の症状を検査して 、安定する顎位を探す必要があると思います 。再検査・診断をして顎偏位のための矯正治療方法を決めるとよいと思います 。具体的な矯正治療や顎関節の治療方法 、治療期間 、治療費の決定には「検査・診断 」が必要です 。顎の手術についても「検査・診断 」をして決定する必要があります 。矯正専門 医にご相談に行くことをお勧めします 。



※ここに掲載されているQ&Aは実際のものですが、プライバシー保護のため一部修正しています。
Copyright © ハリウッド・スマイル矯正歯科 All Rights Reserved. 無断転用禁止
  • ハリウッド・スマイル矯正歯科
  • 診療時間
    11:30〜20:00(火・水・金)
    10:00〜19:00(土・日・祝)
    休診日/月・木
  • 東京都新宿区新宿3-23-1 都里一ビル4階
    お電話のお問い合わせ