• 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
  • 歯と歯並びの基礎知識
  • 歯と歯並びの役割
  • 悪い歯並びとは?
  • 八重歯、叢生、乱杭歯、凸凹
  • 出っ歯、上顎前突
  • 受け口、下顎前突
  • 開咬(かいこう)
  • すきっ歯、空隙歯列
  • 矯正について知ろう!
  • 歯列矯正とは?
  • 方法と目的
  • 始める時期
  • 矯正治療の流れ
  • あなたに最適な治療法は?
  • 矯正治療の種類
  • 一般的な矯正法
  • 見えない矯正法
  • その他の矯正法
モバイルサイトQRコード
矯正歯科のすべてモバイルサイト

歯列矯正をはじめる時期

歯列矯正をはじめる時期

歯と骨の状態次第で何歳からでも始められます。

イメージ1 | 矯正・歯列矯正は東京都 新宿区 ハリウッド・スマイル矯正歯科矯正は子どもがするものというイメージがありますが、歯と骨の状態がよければ、何歳からでも始められます。
矯正装置が目立たなくなり、歯並びや咬み合わせの重要性が認識されてきたため、最近では成人の矯正も多くなっています。
しかし、成人の場合、歯周病(歯槽膿漏)の問題が大きく関わってくることがあります。歯周病は、歯の周りの骨を溶かしてしまう病気で、歯周病の進行度が高い場合は、矯正治療は控えた方がよいでしょう。
子どもの矯正治療は、ブラッシング指導やムシ歯の予防・管理もきちんと行え、歯周病やムシ歯にもなりにくいというメリットがあります。
また、歯の生えている角度に問題がある場合は、大人になると治療が困難になるケースもあり、治療期間も子どもに比較すると多少長くなる傾向があります。
さらに、子どもの場合は治療費が半額程度ですむ場合もあるため、なるべく早い時期に治療した方がよいでしょう。

成人の場合の矯正治療の特徴

  • あごの成長がないので、主に歯を動かすことによって現在の状態を改善してゆきます。
  • 高齢になる程、歯のまわりの骨や歯ぐきの新陳代謝が少なくなるため、より弱い力で時間をかけて歯を動かす必要があります。そのため子どもに比べると治療期間が長くなります。
  • ムシ歯によって歯が抜けていたり、ブリッジが入っている場合や歯周病(いわゆる歯槽膿漏や歯ぐきの炎症など)がみられる場合は、使用する矯正装置が制限されます。
  • ハリウッド・スマイル矯正歯科
  • 診療時間
    11:30〜20:00(火・水・金)
    10:00〜19:00(土・日・祝)
    休診日/月・木
  • 東京都新宿区新宿3-23-1 都里一ビル4階
    お電話のお問い合わせ